1. HOME
  2. お知らせ

お知らせ

お盆休診のお知らせ

お盆期間中は下記の日程で外来診療は休診となります。

  • 8月13日(木) 通常診療
  • 8月14日(金) 休診
  • 8月15日(土) 休診
  • 8月16日(日) 休診

ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

※症状悪化など急ぎ受診をご希望の場合はお電話でご相談ください。

診察をご希望の方は、お電話ください。

0944-55-2000
月曜~土曜:8:30-17:00 (時間外・日祭日除く)
担当 外来

「令和2年7月豪雨」後も診療中です。

令和2年7月7日以降、当院では通常通り診療を行っております。ニュース等で既報の通り、令和2年7月6日の大雨により大牟田市では洪水・冠水、住宅への浸水等の被害が相次ぎました。当日、当院では早めに診療を切り上げるなどの対応を行いました。当院に大きな被害はなく、翌日より通常通り診療を行っております。記事掲載時点では大牟田市の主要な道路は通じておりますので、ご来院の際はお気をつけてお越しください。

お住まいの地域や今後の状況次第では注意を要する場合もございますので、最新の情報にご注意ください。

大牟田市:大雨に関する現在の状況について

診察をご希望の方は、お電話ください。

0944-55-2000
月曜~土曜:8:30-17:00 (時間外・日祭日除く)
担当 外来・地域連携室

職員の募集について

現在当院では、給食調理員2名、看護師1~2名の募集を行っております。

詳細は採用情報をご確認ください。

応募をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

0944-55-2000
月曜~土曜:8:30-17:00 (時間外・日祭日除く)
担当 法人事務課 大山・黒田

緊急事態宣言解除に伴うデイケア・デイナイトケア等の利用再開のお知らせ

緊急事態宣言の解除を受け、下記の通りデイケアおよびデイナイトケア等の活動を再開する事になりました。
施設利用の際は患者様にも感染対策にご協力をお願い申し上げます。

利用再開日:令和2年
5月21日(木)より

デイケア・デイナイトケア等をご利用の際は、以下の点にご協力をお願いいたします。

  • 自宅での朝の検温とセルフチェックをお願いいたします。
    ※体温が37℃以上の場合や発熱以外に体調の異常がある場合は参加をご遠慮いただきます。
  • デイケア等の利用中はマスク着用をお願いします。
  • リハビリテーションセンター入館時に検温を実施します。

<送迎車をご利用の方へ>

  • 乗車前に自宅での検温とセルフチェックをお願いいたします。
    ※体温が37℃以上の場合や発熱以外に体調の異常がある場合は参加をご遠慮いただきます。
  • 乗車前にスタッフによる検温を実施します。
    ※体温が37℃以上の場合はご乗車をお断りすることがあります。
  • 乗車中はマスク着用をお願いします。
  • 乗車人数が密にならないよう乗車定員を設定しております。
  • 車内ではお互いの距離を保つようにお願いいたします。
  • 自家用車、自転車、徒歩での来院が可能な方は、送迎車のご利用を控えていただくようご協力をお願いいたします。

以上

緊急事態宣言中の診療について

感染対策を維持しながら通常通り外来診療を行っております。

新患の予約についても、まずはご相談ください。

診察をご希望の方は、お電話ください。

0944-55-2000
月曜~土曜:8:30-17:00 (時間外・日祭日除く)
担当 地域連携室

新型コロナウイルス感染拡大に伴うデイケア・デイナイトケア等の一時休止期間延長のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえ下記の通りデイケアおよびデイナイトケア等の休止期間を延長させて頂く事になりました。
つきましてはご多忙の折、大変恐縮に存じますが、患者様のご自宅でのご療養にご理解とご協力をお願い申し上げます。

休止期間:令和2年
4月16日(木)~5月20日(水)

デイケア・デイナイトケア等の再開につきましては5月21日(木)を予定しておりますが、新型コロナウイルスの感染状況に応じて、休止期間を延長する場合もありますのでご了承ください。

以上

不知火病院病院長、
リハビリテーションセンター長

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う電話再診をご希望の方へ

令和2年2月28日付けの厚生労働省の通知により、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から慢性疾患等を有する定期受診患者等について当該慢性疾患に対する医薬品が必要な場合に、感染源に接する機会を少なくするための電話診察による医薬品の処方が認められました。

当院でも患者様のご希望と、主治医の判断の下で、電話再診を受けて頂けます。

電話再診をご希望の方は、外来にご相談下さい

0944-55-2000
月曜~土曜:9:30-17:00 (時間外・日祭日除く)
担当 外来

※午前中は電話がつながり難い状況です。
予約当日以外は午後におかけください。

電話再診で処方せんを発行する対象となる方

次回の診察予約が入っており、その診察を電話で受けたい方で主治医が許可した方。

※対象となるお薬は前回処方(頓服も含)と同様の内容です。
初診の方や医師による対面診察が必要な方は対象外です。

電話再診の流れ

  • STEP.1

    電話再診を希望される方へ

    上記の電話番号にお掛けください。外来スタッフが主治医に電話再診が可能かを確認しますので、一旦電話を切ってお待ちください。

  • STEP.2

    外来スタッフから電話再診が可能かどうかをお電話致します。

    • 電話再診が可能な場合:連絡先(住所・電話番号)と、かかりつけ調剤薬局をお聞きします。
    • 電話再診が不可の場合:通常どおりの来院のご案内となります。
  • STEP.3

    主治医が電話で診察を行います。

    • 予約の時間にお電話を致しますのでお待ちください。※時間が前後する場合がございます。予めご了承ください。
  • STEP.4

    主治医が処方せんを発行し、
    病院からご希望の調剤薬局にFAX致します。

    薬の送付を希望される場合

    • それぞれの調剤薬局にご確認ください。
    • 事前に外来が伺った連絡先に、調剤薬局からお薬を送付致します。送付した2~3日後に到着の確認と服薬後のご様子を電話で伺います。※到着に2~3日時間がかかりますので、残薬がない方は薬局での受け取りとなります。

    薬を取りに行かれる場合

    • ご希望の調剤薬局でお受け取りください。
  • STEP.5

    診療費は次回の診察日(来院時)にお支払いください。

「新型コロナウイルス感染防止対策」のお願い

ご来院の皆様へ

「新型コロナウイルス感染防止対策」においては、日頃から病院の方針にご理解とご協力を頂きまして誠にありがとうございます。4月18日に大牟田でも初の感染者がありました。それを受けまして、更に院内感染を防止するため、感染対策を強化する意向です。
つきましては、来院されます皆様にはマスクの着用をお願いします。マスクが手に入らない状況で大変申し訳ございませんが、是非とも重ねてのご理解とご協力をお願い致します。

今後も、職員一同感染対策に取り組み安心・安全に医療が提供できる様に努力して参ります。
よろしくお願い致します。

不知火病院病院長・院内感染対策委員会

新型コロナウイルス感染拡大に伴うデイケア・デイナイトケア等の一時休止に関するお知らせ

リハビリテーションセンターをご利用の方、およびご家族様

感染拡大予防の観点から下記の通りデイケアおよびデイナイトケア等を一定期間休止させて頂く事になりました。
つきましてはご多忙の折、大変恐縮に存じますが、緊急事態宣言の解除まで患者様のご自宅でのご療養にご理解とご協力をお願い申し上げます。

休止期間:令和2年
4月16日(木)~5月6日(水)

デイケア・デイナイトケア等の再開につきましては5月7日(木)を予定しておりますが、新型コロナウイルスの感染状況に応じて、休止期間を延長する場合もありますのでご了承ください。

以上

不知火病院病院長、
リハビリテーションセンター長

2020年GW(大型連休)の診療について

2020年5月2日(土)~2020年5月6日(水)の大型連休の診療について
4月29日、5月3日~5月6日:休診
とさせていただきます。宜しくお願い致します。

「新型コロナウイルス感染症に対する感染対策の強化について」ページを作成いたしました。

新型コロナウイルス感染症に関して緊急事態宣言が出されたことを受け、少しでも皆様へ分かりやすい情報提供を行っていくため、新型コロナウイルス感染症に関する専用のお知らせページを作成いたしました。

以下のリンクやトップページからアクセスできますので、ご利用ください。
https://shiranui-byoin.or.jp/news/coronavirus/

新型コロナウイルス感染症に対する「緊急事態宣言」に伴う不知火病院の方針について

不知火病院は、国の方針に沿って感染防止対策を懸命に取り組み、患者・職員の安心・安全を考えた上で、医療の提供を継続して行く方針です。
今後は更に、持ち込み感染の防止と感染発生時の対策を強化していきます。

外来を受診される方へ

1.新患の予約に関して

当面の間、新患の受付は急ぎの入院が必要な方を優先とさせていただきます。
ご不明な点はお問い合わせください。

2.受診時の対応に関して

再来の方の検温を実施します。
微熱、発熱のある方は対面診察をせず電話による診察を行います。待機場所は、お車の中や総合外来で対応可能なお部屋とさせていただきます。
また、発熱の有無に関わらず希望される方には電話による診察を行いますので、当院外来にお問い合わせください。

3.環境整備

待合室の窓や玄関などを開放し、換気を行います。
診察やカウンセリング、アーユルヴェーダの実施について、換気や清拭の他、実施場所を変更させていただく場合もあります。

受診以外の目的で来院
される方・関係会社の方へ

玄関で検温を実施します。微熱・発熱がある方の立ち入りはお断りさせていただきます。

上記内容での対応を5月6日までを目安に実施いたします。なお、今後も感染状況によって急な変更が考えられますことをあらかじめご了承ください。

不知火病院病院長・院内感染対策委員会

患者様・ご家族の皆様へ 新型コロナウイルスに関して

現在、新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者発生が問題になっております。厚生労働省からも注意喚起の通達が来ておりますので、ご協力をお願いいたします。

外来受診をされる方

発熱(37.0℃以上)・咳・息苦しさ・体のだるさ等のある方は受診の前にお電話 (TEL:0944-55-2000) でのご相談をお願い致します。
感染対策のため、定期的に外来ロビーの換気を行わせていただきます。

ご入院中の方およびご家族の方

当面の間、外泊・面会は中止させていただいております。
不要不急の外出は控えていただくようお願いいたします。入院病棟によって対応が異なるところがありますので、詳細はお問い合わせください。

※状況を見ながら随時対策を行なっております。ホームページの内容が古くなる場合もございますので、外来や病棟スタッフの指示に従ってください。

職員一同、感染防止に努めてまいります。皆様のご協力をお願い致します。

新型コロナウイルス感染予防対策に関して

厚生労働省からの通達でもございますが、院内での集団感染を予防する為に不知火病院でも、既に感染対策の取り組みをしております。
今回、3月28日には筑後地区におきましても感染者が発生いたしました。それを受けまして、外来、病棟でも更なる対策の強化を余儀なくされている状況です。
県内の大学病院や精神科病院では、面会・外出・外泊を全面的に禁止する対応を行なっている状況です。
以上を踏まえ、当院では以下の様に取り組みを強化致します。

  • 面会・外泊は当面の間、中止とさせて頂きます。
  • 外出については、病棟毎に対応を強化して参ります。
  • 外来の環境整備の強化を致します。
  • 外来での健康チェックの強化を致します。

以上

患者・ご家族の皆様が安心・安全に受診や療養をして頂ける様に職員一同努力して参ります。ご理解とご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

不知火病院病院長・院内感染対策委員会

-->

年末年始の休診日のお知らせ

今年度の年末年始は 12/29 (日) ~ 1/3 (金) を休診とさせて頂きます。
年内は 12/28 (土) までの診療、年始は 1/4 (土) からの診療となります。
何卒宜しくお願い申し上げます。

第19回日本外来精神医療学会を開催いたしました。

令和元年7月20日・21日、福岡市の電気ビル・みらいホールにて第19回日本外来精神医療学会が開催されました。(http://jaaps19.umin.jp/)2日目は大雨で交通機関の乱れが出たにも関わらず250名の方が参加くださいました。今回は「集団治療の多様性からみた外来精神医療」というテーマのもと、9つのシンポジウム、20題のポスター発表等が行われ、盛会のうちに終了いたしました。

1日目は発達障害の成長に関することや笑い、ヨガ、リワーク、フリースクールや思春期、自殺予防の話題に加え、中国や韓国の医師を招きアジア諸国の精神科医療についてお話を頂き、参加された方は熱心に聞き入っていました。

2日目は精神医療と時代の変化、訪問診療、デイケア、休職者の復職、スポーツ精神医学、アーユルヴェーダなど、時代とともに変化していく精神科医療に関するテーマが多く、質疑応答などを通じて活発な意見交換が行われました。

当院からは以下の発表を行いました。

シンポジウム1「発達に課題を持つ患者の人格を成長させる」

  • シンポジスト 徳永 雄一郎(医師)
  • 特別指定討論 西園 昌久(医師)

シンポジウム2「笑いと精神科医療」&ワークショップ「笑いヨガ」

  • 座長 島松 まゆみ(医師)

シンポジウム5「自殺防止」

  • シンポジストおよび座長 松下 満彦(医師)

ワークショップ「太古の医学アーユルヴェーダの精神科治療~非薬物治療としての『シローダーラ』の大きな可能性~」

  • 講師 田端 瞳(保健師)

シンポジウム6「治療初期に求職者の復職可能性を予測する」

  • シンポジスト 髙田 和秀(医師)、大仁田 広恵(公認心理師)

ポスター発表

  • 外来看護における自殺予防 有野 裕子(看護師)
  • 外来カウンセリングナースの治療的意義 松尾 富佐子(看護師)
  • 外来におけるうつ病休職者の復職支援~チームリハビリテーションの視点から復職条件を考える~ 前田 佐織(精神保健福祉士)
  • 外来マインドフルネス集団療法における課題と効果について 杉本 浩利(公認心理師)
  • リワークプログラムを通じた参加者の内心と行動の変容についての調査 佐藤 圭(精神保健福祉士)