治療の流れ
TOPストレスケア病棟治療の流れ

入院治療の流れ

海の病棟(ストレスケア病棟)の入院期間は3か月以内となっております。
まず家庭や職場から離れてゆっくりと休養し自分の調子を取り戻します。その後活動への参加やカウンセリングなどにより課題を明らかにしながら問題解決に向けた治療を行い、退院に向けての準備や調整を行います。
この間の様々なプログラムへの参加や入院生活が患者様にとって貴重な体験となると考えています。

海の病棟治療スケジュール

「受診のご相談」まずはお電話等で受診についてご相談ください。⇒
*入院期間・項目についてはあくまでも予定です。
*プログラムや検査は症状、個人差により追加されたり適用されないものもあります。

退院された方からの声

  • 自由な時間が多いのでゆっくりくつろげました。
  • 自分や周りに対して「ありがとう」が言えるようになった。
  • 多くのスタッフに支えられ、自分自身を見つめなおすことができた。復職プログラムも自信回復につながったし、自分に向き合う力がついた。作業療法や集団療法、家族会など、さまざまな工夫がされていると思った。 カウンセリングナースや精神保健福祉士も心強かった。
  • カウンセリングで話を聞いてもらい、話すことで整理ができ、自分が言いたかったことに気が付く。時には迷い、悩みを繰り返しましたが、根気強く聞いてもらいとてもありがたかった。
  • 集団行動が苦手で最初は戸惑ったが、時間がたつにつれて周囲の方の協力を得る事ができ、コミュニケーションがとれるようになった。
  • 入院前より薬が減った。人との関わり合いを通して人間として成長できた。

医療法人社団 新光会

不知火病院

〒836-0004 福岡県大牟田市手鎌1800

TEL:0944-55-2000
FAX:0944-51-4005

不知火クリニック

ページの先頭へ