マインドフルネス
TOPストレスケア病棟マインドフルネス

マインドフルネス

マインドフルネスとは?
マインドフルネスは、自分自身を見つめる手続きです。医療分野にマインドフルネスを取り入れたカバット・ジンは、「判断することなく一瞬一瞬を自覚すること」と説明しています。マインドフルネスでは、瞑想し、自分自身に気付き、評価をしません。
強いストレスを受け、抑うつや不安などに大きく占められると、否定的な思考から抜け出すことが難しくなります。マインドフルネスでは身体や心に注意を向けることで「今の自分をありのままに見つめる」作業を行います。認知の方法を変えることで、ストレスからくる様々な症状の緩和や予防が可能になります。

マインドフルネスによる治療の取組み
薬だけに頼らないうつ病治療の一環として今注目のマインドフルネスをうつ病や神経症そしてトラウマ治療に活かしています。
自分の心の状態や身体の状態をありのまま客観的に肯定的に眺め受け入れていく作業を5〜10人前後のグループでゆったりとした雰囲気の中で行っています。参加した患者さん方からは『気持ちのきりかえができるようになった』『自分をふり返る変化のきっかけになった』『眠剤ではよくならなかった不眠がよくなった』といった声を頂いています。
参加者を見守るスタッフも『雰囲気から明るくなった』『治療が心の支えになっている』と感じています。

マインドフルネス

医療法人社団 新光会

不知火病院

〒836-0004 福岡県大牟田市手鎌1800

TEL:0944-55-2000
FAX:0944-51-4005

不知火クリニック

ページの先頭へ